性病を患ったことがある方はどのくらいいるのでしょうか。性病に感染したことがないと思っていても、実は症状だけでは気づきにくい性病に感染している場合もあるので注意が必要です。

性病に感染し悩む男たち

性病を疑ったら最初に何科に行く?

性病を疑った時、病院にいきたいなと感じても、最初はどこの病院にいったらいいか、何科を受診したらいいか迷う人は多いです。基本的に性病を疑った時に行ける科はいくつかあります。それは皮膚科、泌尿器科、産婦人科、性病専門、耳鼻咽喉科の病院やクリニックです。では一つ一つ説明をしていきましょう。性病に感染した時、陰部だけではなく鼠蹊部などにもかゆみが出ることがあります。例えばヘルペスの場合ですね。その際に膣やペニスにも症状が出ているとすぐに性病だとわかりますが、鼠蹊部のかゆみだけでは性病と自分で判断が出来ません。その場合は皮膚科を受診して判定してもらうといいでしょう。鼠蹊部だけの皮膚のトラブルの場合もありますし、それが性病に起因したものかもわかります。次に男性の場合は、泌尿器科を受診するといいです。男性の場合は尿道口から性病が感染するので、泌尿器科を受診し、尿検査や精液を取って調べることによってすぐにわかります。女性の場合は産婦人科を受診して膣の分泌液を調べるとすぐにわかります。また専門のクリニックに行くと、男女ともにすぐにわかることができますね。専門クリニックは都市部を中心に増えていますが、地方ではまだまだ少ないかもしれませんね。その場合は、泌尿器や産婦人科を受診することが解決することができます。また耳鼻咽喉科はどうしていくべきなのでしょうか。例えばオーラルセックスをしてのどに原因菌がついたら、のどの違和感を感じることがあります。痰がでたり、咳が出るといった症状もあるかもしれません。通常陰部の症状と同時に出ていることが多いのですが、のどだけに症状が出るということもあるので、その可能性も考えておく必要もあります。